面倒なアイロン掛けは男の方が上手なので、夫の仕事でいいんじゃない?

家事・グッズ

アイロン掛けって面倒ですか?

私は結構好きなんですよね

シワシワの布がピシッとなっていくのが気持ちよくて、快感を憶えます

結婚して分かったのですが、アイロン掛けって男の方が上手なんですよ

その理由と、アイロンの種類別にメリット・デメリットを紹介します

男がアイロンがけを上手な理由

これは、男性服と女性服の違いが原因なのです

アイロン掛けの定番である「シャツ」を例にすれば

男性はカッターシャツですが、女性はブラウス

男性は安価なシャツが多いのですが、女性物はブランド品や高価なものが多い

男性用のシャツは、だいたい綿か綿ポリなので、中高温でアイロン掛けができ、シワが伸ばしやすい

女性物の高価な洋服は、低温しかだめなものが多いので、素人では上手くシワが伸ばせません

さらに、最もネックになるのが、女性物のバスト部分です

女性のバストに合わせ、ふくらませて縫ってあるため、アイロン掛けのとき「変なシワ」が付きやすく神経を使います

私も結婚してから妻のブラウスにアイロンを掛けているのですが、この胸の部分が面倒くさいなと、いつも感じています

つまり、男性は「アイロンの掛けやすい服」が多いのに対し、女性は「アイロンが掛けにくい服」が多いのです

結果、独身時代に男性はアイロン掛けをしている人が多くなりますが、女性はだいたい「クリーニング屋さん」に頼むことが多くなります

アイロン掛けも、経験と技術が必要な作業なので、独身時代の「年季」が重要ということです

使いやすいアイロンとは

アイロンも様々な種類が発売されています スチームが大量に出るやつとか、コードレスとか・・・

使いやすさというのは人によっても違いますので、いろんなタイプの良い点と悪い点を、私の個人的視点から紹介します

【コードレスアイロン】

(良いところ)
コードが邪魔にならないのでアイロンが掛けやすい

(悪いところ)
途中で温度が下がってしまうのでスチーム掛けに向かない

【コード有アイロン】

コード有りアイロンの良いところと悪いところは、コードレスの逆ですね

コード有りアイロンの代表と言えば・・・

ティファールです

私も使っているアイロンですが、スチームが強力で、アイロン掛けの面がツルツルなので、とてもよく掛かります

難点は「重いこと」で、妻も重すぎて使えないと言っていますが、実は、この重さがアイロンが良くかかる理由でもあるのです

ちなみに、ティファールからもコードレスアイロンが発売されているのですが…

重さが1.3キロ以上あり、やはり重いのです

しかも、コードレスにしちゃったから強力スチームの持続力にも疑問の残るところです

コードレスアイロンを選ぶ時のポイントは「軽さ」と「熱の持続力」ですね

そして、アイロン選びで最も大切なのは「アイロン面のミュー」

つまり、布への接地面がどれだけツルツルかということです

以前使っていたコードレスアイロンから、今のティファールに替えて、面のツルツルの重要性が分かりました

アイロンって奥が深い