ついにダイソンV8を買ってしまったので、良い所と問題点などのレビューを書いてみた

家事・グッズ

ことさら寒さが厳しく感じる今日この頃となり、ますます引きこもり度が全開になってきました。

ぜんぜん家から出ることができない、こたつブロガーの”ぼっちー”です。

ぼっちー
ぼっちー

寒いんだからしょうがない。

我が家で長年の懸案事項となっていた掃除機の問題に一応の決着が着きました。

そう!とうとうダイソンV8を買っちゃいましたわ~よいやっさー。

コードレスクリーナーに変更

もともと我が家では10年前からダイソンを所有し愛用してきました。

10年前の代物なので、知ってのとおり轟音を撒き散らしまくる例のアレです。

その轟音マシンから10年という長い月日を経て、ついにダイソン最新機種であり、コードレスという近代的かつ画期的な仕様に生まれ変わった「ダイソンV8」が我が家に降り立ったのでありました。

と、まあ、大げさな前振りとなりましたが、みんな気になるダイソンV8の感想を書きましたので参考にしてみてくださいね。

ダイソンのグレード問題

ダイソンの掃除機にはグレードというかパッケージがいろいろあります。

今回購入したV8の場合、値段の安い順に、フラフィ、フラフィプラス、アニマルプロ、アブソリュート、アブソリュートエクストラの5種類があります。

ちなみに

わたくしが購入したのは値段が一番高いアブソリュートエクストラです。(すごい?褒めてください)

で、この5種類は何が違うのかというと、付属品が違うだけです。

本体は全く同じ物なので性能の差はありません。

※附属品はいろいろ付いてるので、詳しくはダイソンの公式サイトを見てね。

ざっくり言うと、フラフィは普通に掃除するためのもので、アニマルプロはペットを飼っている家庭などをターゲットにしているのでブラシヘッドが付いいます。

で、アブソリュートは付属品のほとんどが付いてて、エクストラは全部の付属品が付いてるという感じです。

そして、我が家に届いたのがアブソリュートエクストラです。(すごい?)

箱を開けてみると、鬼のようにたくさんの付属品が入っていて、もはや何用に使うのか分からないものまであります。(取説を読め!)

ということで、使った感想を書きますね。

ダイソン特有の轟音は轟いたのか?

ダイソンの掃除機と言えば、その特徴は轟音ですよね。

ご近所中に「掃除してまっせ~」とお知らせできるほどの爆音でした。(昔は)

マンション暮らしの人だと夜の掃除機は苦情の原因になるほどの音量でした。(昔は)

結論から申し上げますと、轟音は轟いておりません。

10年前から使っている初期型ダイソン掃除機に比較すれば、その音量は約10分の1くらいまで静かになっています。

といっても、もともとダイソンが轟音すぎるので静かな掃除機というわけでもなく、あくまで当社比という参考数値だと思ってください。

まあ、普通の掃除機よりは少し静かかもしれません。(とかいいながら、10年間他社の掃除機を使ったことがないので個人的感想)

吸うのか?吸いまくるのか?

吸引力はダイソンなので十分です。

通常モードとパワフルモードの2つの強さが選べるのですが、通常モードで充分な吸引力です。

よく吸います。とても吸います。吸い尽くします。(しつこい?)

実を言うと、ダイソンの掃除機というのは他社のパワー型掃除機に比べると吸引力そのものは強くはないと言われています。(かといって、決して弱いわけではありません)

でも、独自のクリーナーヘッドによって微細なゴミやホコリまでも吸い込んでしまうように設計されているので、パワー型掃除機と比較しても「よく吸う」掃除機だといえます。

我が家に一台だけある他社のコードレスクリーナーでは吸い残しが出ていたキッチンマットの小さなゴミも見事に吸い尽くしてくれました。

よく吸う理由はソフトローラークリーンヘッドのお陰です。

クルクル回るヘッドが小さなゴミまで掻き込んでくれるのです。

吸引力は落ちないのか?

これはV8の話ではなくて、ダイソンのサイクロンについての評価です。

先ほどから、ちょいちょい登場する我が家に10年間居座っている初期型ダイソン君ですが、10年という長い年月、たいしたメンテナンスも受けていないのに吸引力はほぼ落ちていません。

すごいです、コレ!

過去に他社の掃除機を何台も使ってきましたが、概ね3年くらいで吸引力が落ちてきて全然ごみを吸わなくなり、買い替えるということを繰り返していたので、1台で10年越えは凄いです。

長期的なコストパフォーマンスを考えたら、すこぶる良いと言えるでしょうね。

重さは?

重さは重いです。

本体にノズルとヘッドを付けた状態で、片手で持ち上げたら腕がプルプル震えます。

ただ、普通に掃除をすると・・・

あら不思議、ぜんぜん軽いんですけど、なんで?

なんかバランスとか取ってあるんでしょうかね、操作してる分には重さを全く感じません。

ちなみに片手でプルプルというのは、V8を真横に持ち上げたときのことなので、縦にチョイと持ち上げる分には女性でも片手で楽勝です。

ということで、訂正いたします。

割と、軽いです。

さきほど、握力20㎏という小学生なみの腕力を持った私の妻が、1階廊下から階段周り全部を掃除してきましたが、全く苦にならなかったとの感想を述べておりました。

よめ
よめ

握力ゼロの私でも軽いわ(個人的感想)

唯一の問題点

良い事ばかり書いているとダイソンの回し者かと疑われるので、問題点も書いておきます。

まずは、値段が高いということです。

しかし、前のダイソンが10年使っても問題なく使えることを思えば、けして高いとは言えないような気がするのですが・・・いかがでしょうか?

ちなみに、このたび我が家が購入したアブソリュートは定価で10万円を超えます。事業用に購入したら減価償却資産になる金額です。

ただ、今回は特別セールで購入したので8万円以下の価格で購入できました。

実は、アブソリュートエクストラだけがセール価格になっていて、なんとフラフィより安かったという不思議な料金設定だったのです。

なので、不必要な付属品がドッサリ付属されたアブソリュートエクストラを購入したという次第です。

正直なところ、付属品の置き場に困ってます
(´;ω;`)ウッ…

もうひとつの問題点は、本体の置き場問題です。

付属品として収納用ブラケットが付いているのですが、なんとコレ!壁にネジくぎで取り付ける仕様となっております。

壁にネジって…持ち家の我が家でも躊躇するのに、賃貸の人はどうするんでしょうか?

などと悩んでおりましたら、あるんですね~便利なものが

V8を立て掛けるスタンドが売っているではありませんか!

我が家が買ったのはコレ↓↓↓

購入の決め手は、細身で軽量だったことと、値段が安かったこと、そして収納用ブラケットを固定するネジまで付属していたことです。

なんと、V8に付属しているブラケットには何故か「ネジ」が付いてないんですよね(謎)

スタンドの値段は2500円くらいなので、他社のスタンドに比べて安いです。

心配だったのは、細身なので倒れやすいんじゃないか?というところですが、実際に使ってみると問題ありませんでした。

なんでも、このスタンドを作っているキクタニというメーカーは、もともと楽器用のスタンドを作っていた会社なので、その辺のバランスの取り方には一日の長があるのでしょうね。

V8をハメたり外したりするときも、気になるようなグラつきはありません。

ということで、問題は解決されてしまいました。

一番良かったことは

V8を購入して一番良かったことは、掃除が気楽になったことです。

以前は、床の物を片付けて、グォングォンという爆音を轟かせながら、度々コンセントを抜き差ししつつの掃除だったので大変でした。

大変な作業であるがゆえ、掃除機をかけ始める前から「あ~めんどくせ~」と心が折れてしまうこともシバシバ。

そこで我が家はコードレスクリーナー(マキタ)を購入したわけですが、掃除が楽になった反面、吸引力の問題などもあって、月に1回くらいは旧式ダイソンで爆音を撒き散らしていたわけです。

二度手間です。

そして、ついに、ダイソンV8の購入によって、「コードレスの気楽さ」と「ダイソンの吸引力」の両方を手にすることが出来たのでした。(バンザイ!)

あれほど「掃除機をかける」という作業を家族で譲り合っていたのがウソのように、今では掃除機(V8)争奪戦が繰り広げられております。

年末大掃除も頼んだよ!

よめ
よめ

あなたがやるのよ。

ぼっちー
ぼっちー

かしこ…

ちなみに、一般家庭で使うのであればフラフィで充分だと思います。我が家のようにアブソリュートを買ってしまうと付属品の収納に頭を痛めることになったりします。

あわせて読まれている関連記事

共働き夫婦にはロボット掃除機よりコードレス掃除機の方が楽
このブログでも過去に掃除機に関することをいくつか書いています。これまでの記事の中で触れたのは、ロボット掃除機とコードレ...