年賀状の枚数を減らしたいので、出す相手を分類してみた

家事・グッズ

今年も年賀状を作る時期になりました。

というか昨日、丸一日を費やして年賀状を作成しました。

仕事していません(ToT)

年賀状って本当に必要なのか?という疑問が頭の中を駆け巡ります。

最近は年賀状作成ソフトや、作成代行サービスがあるので、年賀状を作ることは簡単になりました。

でも、出す相手先が多いと名簿整理が大変なのです。

いつの間にか引っ越してたり、喪中だったり、結婚して苗字が変わっていたりと、チェック項目も多岐に渡ります。

師匠は喜び庭駆けずり回る師走のまっただ中、数百名の名簿チェックなんて正気の沙汰ではありません。

そこで、年賀状を送る相手別に「出す必要があるのか?」を考え、

「この人、もう出さなくても良いのでは?」と、年賀状枚数削減大作戦を実行してみました。

身近な人や友人

年賀状を送る相手って、仕事やプライベートでお世話になっている人が多いですよね。

そんな中で、身近な人って年が明けたら直ぐに会ったりします。

会って新年のあいさつをするわけですから、年賀状と被ってると思うんです。

というわけで、1月に会う可能性がある「身近な人」には年賀状を送らなくても良いんじゃないかと考えられます。

あと、本当に仲良しの友人なんかは、メールやLINEなどで新年のあいさつをすれば良いんじゃないでしょうか。

そんなこんなで、SNSばんざい!なわけです。

昔お世話になった人で疎遠な人

昔からお世話になってる人で、最近会えない人には年賀状を出します。

滅多に顔を合わせないので、新年に近況報告を兼ねて年賀状を送るというパターンです。

これは、ある意味、正統派年賀状と言えます。

ただ、

何年も会ってない人って、もう何年もお世話になっていないわけで…

……悩む。

長らく会っていない人であれば、場合によっては出さなくても良いのでは?と思います。

どのタイミングで名簿から削除するのかが難しいんですけどね。

上司や取引先

職場の上司や、仕事上の取引先などにも年賀状を出します。

これは完全に仕事上の「付き合い」で出しているパターンです。

要らないです。

と、僕は思います。

相手の人だって、ビジネス的な内容の年賀状を貰ってもうれしくないでしょうからね。

ただし、自営業の人や社長さんの場合には、得意先に年賀状を送った方が良いでしょうね。

年明けのキャンペーン情報や新サービスの案内など、相手に役立つ内容であれば、嫌がられることは少ないと思いますので。

まとめ

そんなわけで、ザクっとまとめます。

・身近な人は年賀状を出すより、直接会って新年のあいさつをしよう!

・仲の良い友人にはSNSで新年のあいさつ。

・長いこと会ってない人は、頃合いを見計らって、年賀状発送名簿から削除…

・会社の上司など、お付き合いで儀礼的に出している年賀状はカット!

これで、年賀状の枚数は各段に少なくなります。

もちろん、もらえる年賀状も激減しますので、寂しがり屋さんにはお勧めできません。

自分で年賀状を作るのが面倒な人は、郵便局のサイトでも年賀状印刷サービスがあるので、利用してみてもよいでしょう。

https://print.shop.post.japanpost.jp/nenga/